スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星のピアス(3) 

ボディについてはやろうと思ってた事が一通り終わりました。

中からチラ見しているダンディが若干怖いですが、頭の大型化と胴の幅つめでシルエットはだいぶスッキリしたかな。
細かいところでは、ふんどしの形状を変更、頭の付け根(のど元)のラインを変更しています。
お気に入りのタミヤの軽量エポパテを使い切ったので、たまたま安価でゲットしていたウェーブ(ミリプット?)の軽量エポパテに切り替えてみましたが、かなり使い易いパテですね^^
24halk 026


後頭部はペコッと平らになっているので、まる~く修正。ついでに突起物も設定画の形状に作り直し。
背部ダクトのフィンはそのうち作ります。
1mmしかつめていないはずですが、腰のところの装甲はだいぶ狭くなってるように見えますね。
24halk 027




と、いう所で胴体は満足したので、次は腕の工作にかかっています。

前回ノーブを作ったときはヒザ間接の構造は自分なりにがんばったのですが、ヒジ間接はキットのままにしていました。
出来上がって判ったのは、脚は股間と足首がちゃんと動けばそれでよくて、ヒザよりもむしろヒジが動かないことには、ポーズが決まらない、という事でした。
また、ハーク・ソバットのボックスアートの、あのかっこいいポーズも取らせてみたいとも思っています。(←高い目標値)

それでやったこととしましては、ヒジの内側を切り欠いてしまいました・・・。
「らしさ」がスポイルされるようなアレンジはやるべきではないと思うのですが、これ位しか自分には思いつかないので・・・^^;
24halk 031


素組みと比べると可動角は上がりましたが、それでも90度程度。まぁ、切り欠きを広げればもっと曲げられるのでしょうが。
腕のロールは肩の付け根でやるように肩部の球体も切り離してあります。
24halk 032



テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

こんばんは
軽量エポパテってどんな感じですか?
パテ作業が苦手な私ですv-221

らびQさん
こんちは。軽量エポパテ、いいですよ!
普通のエポパテは硬すぎますし、ポリパテのような臭いもないです。
半生状態というか、固まっているんだけど柔らかいっていう時間が長いので、形出しが楽です。
完全硬化しても切削性もいいです。
目が粗いので、最後は溶きパテで処理したほうがいいみたいですけどね。
最近はコレばっかり使っていて、ポリパテは全く使わなくなってしまいましたw

いや~、kaniさんがこうなるといつもパク.........もとい参考にさせて頂いてます。w
いいっすね、どんどんやってください。
って、肝心の内部の構造が..........^^;企業秘密ですか?

ウェーブのパテってタミヤの倍の額ですよね?
いつもエポパテ作業は安全(二度手間防止)の為に無駄を多くとるんで、ウェーブのはコスト面いつも敗退します。
適度に盛れるミキリの目があればウェーブにするんですが、その辺の技術力は相変わらず最低ランクインしてます。

Ota-Kawaさん
パクる所があればどんどんパクって行ってくださいw
ヒジの構造はそう言われてみれば載せてませんでしたね。
HGUCなんかでもよくある二重間接の構造なので、参考になるかどうか・・・次回の更新時載せておきますね(忘れていなければ^^;)

エポパテですが、ウェーブのものは量が多いので、グラム単価は実はほとんど変わりません。
(以前は2倍くらいの差で圧倒的にウェーブの方が安かったと思っていたのですが・・・高密度タイプに限った話だったのか、タミヤのが増量したのか、あるいは思い違いだったか・・・。)

たっぷり盛り付けるのは自分もおなじくです。半分くらいが粉に消える事も結構よくありますね~(汗

クレオスのポリパテしか使ったことのない赤目がきましたよw

使いにくくて苦しんでます。
ぬりぬりするやつとカタチを作り出すエポキシパテのオススメってあります?
ぜひぜひ教えてくださいっ!

ようやく製作にとりかかってます。
今回は可動はあまり弄ら無い予定です。
ティンクル系はそうポーズを決まるPAでもないですしね~

@赤目さん
エポパテはぬりぬりにはあまり向かないような。
造形にはミリプット(ウェーブ)のやつは最適と思います。

こんにちは~

kaniさんとこ見てからドルバックが気になって、
ノーブに手をつけてしまいました・・・

部分的にパクルかもしれませんが、
ゆるしてくださいねぇ・・・

赤目さん
エポパテは製品によってけっこう性質が違いますし、何に使うかにもよるので難しい所です・・・。
まずはタミヤの速硬化タイプ(本文は軽量タイプと書いていましたが速硬化タイプの間違いですw)が入手もしやすいし、滑らかさと削りやすさを併せ持っていてオールマイティかなと思います。
あとはセメダイン社の木部パテという商品も使いやすいです(ただし目は粗いです)。

一般に(すご~くおおざっぱですが)速硬化や軽量のものはサクサクと削りやすいですが、表面処理がちょっと大変。高密度のものは脆さがないので細かいところに向いていたり、滑らかに仕上げやすいものが多いけど、堅いので削りだしはちょっと大変。・・・って感じでしょうかね。
あんまり答えになって無くて申し訳ないっす。


あきら式改さん
いよいよはじめましたか、楽しみです!
脚が動くようになればポージングも決まりますよね。
あまり弄らないとおっしゃりつつ、けっこう弄ってるような・・・。


ほほりさん
ようこそです^^
嗜好が近いみたいで、ほほりさんとはけっこうネタがかぶりますねw

拝見しましたが、すでにかなり進んでいるご様子ですね。
私の拙作に参考にしていただけるような所があるなら、そりゃもうどんどんパクってってください・・・・というかすでに私のはるか先をいってらっしゃるような・・・・(汗
お互いがんばりましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kani9721.blog95.fc2.com/tb.php/86-07b7fe8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。