スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッガータイプ その2 

ちまたでは品薄のようですが、我が家ののダッガー君はもはや筆塗りの練習台です(涙

敢えて筆ムラ、色ムラを作りつつ、何回も塗料を乗せていって・・・て感じでやっています。
まだまだ途中経過ですが、なかなか思うような感じにならんもんですね。はっきり言って難しいです。
ほとんどゴミのような状態でして恥ずかしいので写真は小さめで(汗

100dugger 016


わかりにくいですが上半身がグレー、下半身がダークイエローです。
2台のスクラップを寄せ集めて現場合わせで1台に組立てた、みたいな感じにしたいんですがどうなる事やら。
さて。


テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

筆塗り

筆塗りはめんどうですよね。
なんでこう、むらになるのかなあ…
管理人さまのように意図的にむらを作るならよいのですが、自分の場合ここはフラットに塗りたい、マスキングは物凄く大変だからエアブラシは使えずやむなく筆塗りして案の定むらになり、凹みます。
アクリルカラーを使うとむらになりにくいよ、なんて聞いたのですが本当なんでしょうか。

最近はエアブラシ一辺倒だったので自分は逆に筆塗りが新鮮で楽しいです^^
ムラになっちゃうのはまずは塗料の濃度でしょうか。一度で下地が隠れるようだと濃すぎかもですね。縦横交互に2~3回塗り重ねて、ようやくしっかりとした色がつく位がベストなはずです。
濃すぎるとムラになるし薄すぎると下地を犯してぐちゃぐちゃになるので難しいですよね。
あと、リターダーという乾燥を遅くしてムラを抑えるというような商品もあります(Mrカラー等のラッカー系用だと思います)。アクリルがムラになりにくいのも乾燥が遅いためですね。
どうしてもムラになったら1000番以上のペーパーで表面をやさしくならしてやって、さらにその上からうすーい塗料をさっとひと塗りするとムラが目立たなくなります。昔は筆オンリーでよく失敗してましたので、こういうズル技はお手の物なのです(笑

うわぁ

ありがとうございます!参考になります~!!
ズル技なんかじゃなくってすばらしい技術!だと思います!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kani9721.blog95.fc2.com/tb.php/61-449a024e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。