スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕部間接 

腕にもポリパーツを仕込んでいきます。
肘も肩もキットパーツのダボ穴に多少の加工をして直接ポリパーツを付けていっているので楽なものです。
肩と上腕の接続はキットのままの挟み込み方式とした。後ハメできてもそれほどのメリットもないからこういうところの加工はパスしています。
手首に使ったボールジョイントはほとんど無加工でちょうど収まったのだが、どこの製品か分からないのでもう一度同じことは出来ないのがつらい所。
ポリパーツも製品(メーカー?)によって軸や穴の精度がまちまちで、プラパーツ側の微調整が結構必要ですね。コトブキヤのやつが使いやすいように思いました。

上腕は長すぎるので肘のところで2ミリほど縮めた。腕部については外観的な変更はそれくらいでいいかなと思っています。

35scp_dog 003.jpg


テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kani9721.blog95.fc2.com/tb.php/19-57603f5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。