スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶ形になってきたかな 

パワードジムの続きいきます。
明日も仕事だし、眠いので駆け足で(笑

気になっていたつま先ですが、設定画のような反りかえりが足りないと思い・・・・
mg_pw-gm 072
うりゃっ!・・・と強引に持ち上げてやりました。
mg_pw-gm 073

ふくらはぎの増装は、エポパテを盛ってはがして削りだします。
mg_pw-gm 066

バックパックは側面図をこんな感じで方眼用紙に書いといて・・・・
mg_pw-gm 068
おりゃっ!・・・と箱組み。
mg_pw-gm 081

簡単に書きましたが一つひとつの作業は結構大変だったんですけどね。
mg_pw-gm 082

mg_pw-gm 083

バックパックの丸いパーツはプラパイプに何重にもプラバンを巻きつけたもので、カット面は手作業なので結構ガタガタです(旋盤ほすい・・・)
肩とバックパックのラインの繋がりがおかしいかと思いますが、デザイン的にはもう1個ブロックが入りますので後日やります。
ティンコはちょっとでっぱり過ぎだったかな?

やはり問題はふくらはぎですね。
愛用していたタミヤの速乾タイプが切れたので、今回初めてクレオスのエポパ、軽量と高密度を使いました。
軽量タイプは確かに超速乾ですが紙粘土のような脆さがあり、細かい部分の造形には不向きと思います。
大きな物の芯に使うだとか、他のエポパテに混ぜて効果速度を速めたり、硬さの調整につかえるのではないでしょうか。
逆に言えばそのままではちょっと造形には不向きかなと思いました。

高密度タイプは、タミヤなどの高密度タイプと比べると軽い質感で扱いやすいですね。
ちょっと目が粗い気がしますが、硬化は早いですし、削り心地も悪くないし、なにより単価安いのが良いと思います。
といった理由でスネの造形は途中から高密度に変えたためストライプになっています。
まだまだ形出しに時間が掛かりそうです。



テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

どもども
だいぶカタチになってきましたね~
股間はやりすぎくらいでちょうどイイんですよ!w

しかし・・・ほとんどスクラッチでマジ大変そー(汗
バックパックの丸いパーツなんてどうやって作ったらいいのか?
途方に暮れちゃいますけど、プラ材だけでココまで
作るのはスゲーっす!

わっちはそろそろ塗装に入りたいのですが・・・
台風とかウゼーw

●ショートベルさん
あざっす!遅レスでごめんなさいね。
プラ板メインの作業は大変っちゃ大変ですが、やっててすごく楽しいのでそれほど苦痛ではないですよ!
むしろプラ屑が飛びまくりで机と床が粉まみれなのがイヤンな感じです。

ベルさんの方はいよいよ塗装ですか・・・!
兵庫方面台風ひどかったみたいですが、大丈夫でしたでしょうかね?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kani9721.blog95.fc2.com/tb.php/171-8a7d3b07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。