スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/20ルナポーン、終わり。 

製作してきたルナポーンですが今回で最終回となります。
がんばってやってきたつもりですが、なかなか理想像に近づく事がなく、一応完成とさせていただきます。

しょっぱい作品となってしまいましたが、せっかくなのでご覧下さい(*^_^*)
20lunapawn 161

「ツヤ有りから汚すとどうなるか?」をテーマに製作しましたが、これがなかなか難しかったです。
ラリーカーのような仕上がりを目指しましたが、どっちかって言うとカブトムシですね(^^;)
20lunapawn 158

今回研ぎ出しに初挑戦しました。
ツヤの出具合はそこそこでしたが、デカールの段差がなくなっているのには軽く感動しました。
20lunapawn 166

くぼみに長年の砂ホコリがたまり、水垢が残ってる機体を表現したかったのですが・・・。
所々ツヤが残ってる部分もあり、研ぎだしした効果はあったかなw
完成度はアレですが、自分の技量的には納得していますorz
20lunapawn 169

SF3Dコンペにはコイツも参戦させようかと血迷った時もありましたが、やはり当初の予定通り、別ネタで行きたいと思います。
20lunapawn 184

顔の塗装もがんばった所です。
作ってるときから思ってましたが、このおっちゃんシャクレ気味ですね。
20lunapawn 197



テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

お疲れさまでした

kaniさんこんにちは。ルナポーン完成しましたね。
マシーネンで黒、しかもツヤありって意外と見かけませんが、汚し前のピカピカ状態もいいものでした。
すねの泥が飛び散った表現はリアルですね。
ハブラシでビシビシ方、真似させていただきます。
あとひざの後ハメ方法、是非真似させていただきたいのですが、こうゆう加工にはとっても自信がないので、こっそり練習したいと思います。

●トノさん
感想ありがとうございます。
マシーネンをメインで作ってらっしゃる方々の厳しい目に晒されるのは少々キツいものがありますが、今回は本流とはちょっと違う所を狙ってみました(^^)

後ハメ加工は、ポリに切り欠きを入れといて押し込むのですが、軸に結構な力がかかるっぽいので、真鍮線で補強を入れておきました。
あと、股間と肩のポリパーツは穴を開けといて、ランナーの軸を挿し込んでやったのですが、軸の長さを微調整しながらやらないと、ポロポロ外れまくるので要注意です(>_<)
そもそもシーリングもプラスチックで作っといてくれたら、作るのは楽だったんですけどね。



激ウマ!!
所々の艶がホント上手いです。リアルさ抜群ですよ!!
実際の設定材質は知りませんが、現実の物質で考えて質感ってのがもう凄いです。

あとクリアバイザーの部分そのものも勿論、そこから覗くおじさんが.............e-287

メチャクチャ上手いです。(尊敬

流石師匠!!

●Ota-Kawaさん
ありがとうございます(⊃д`)
正直言ってショボイ出来になってしまったので、写真載せるものちょっとためらってたんですよね。
とは言いつつ、早くこの記事流してしまいたかったんで、さっそく次の記事をアップしてしまったのはナイショですw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kani9721.blog95.fc2.com/tb.php/147-27b7bbb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。