スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/20ルナポーン その6 

模型脳を鍛えて行きたいよね、という話。
いったんピカらせたものを汚していこう、という所までは悪くなかったと思っとるのですが、どう汚すのかが実に難しい・・・。
漠然とは、ラリーカーが悪路を走り抜けて汚れている様をイメージしておりました。
カーモデルは作った事もありませんし、知識もないものですからネットで調べたりしていたのですが、自分の作品にどこまで流用できるのか、という所で完全に躓いてしまいましたorz

車で言うとタイヤの回転で巻き上げられた泥と、ボディ下回りに跳ね上がって付着した泥とは汚れの付き方が違いますよね。
ボディ全体にうっすらと砂ぼこりをまとっているのも何時間も走り続けたからであって、パワードスーツにこれと同じ事をやっても、なぜこんな汚れが付着するのか説明が付かないですし・・・。
フロントウインドウにワイパー跡がついてたりするのも面白いんですが、マシーネンのフロントバイザー(?)って活動中に汚れたらどうやってきれいにするんだろ・・・・。

ウェザリングを入れるからには、見ただけで状況を理解してもらえる汚れ方をさせるべきだと思うのですが、どうもそれを表現する術を思い付かないってのが現状です。自分の発想のなさが悲しいね(^^;)

ま~、正直あんまり悩んでいても進みませんので、ざくっと一太刀目を加えてみました。
20lunapawn 095
ぬかるみを歩けば足の裏も汚れるでしょう、ってことでベタベタと。
いいのか悪いのかわかりませんが、この調子でまだまだ続けますよ。

久しぶりに購入した模型誌(MG)の裏表紙にファルケの広告が・・・。
女子パイロット付きかよ!って事でハセガワさんの粋な所を感じましたが、6500円という事なのでちょっと手出し出来そうにないっす。

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

どもっす!
kaniさんはこういう系のウェザリング得意そうだと
思ってたんですが・・・
グロスから汚しは難しそうですね

汚す部分はつや消しを部分的に
狙い撃ってみるとか・・・

おっ!おっぱじめましたね!!


ウェザってやっぱ難しいんでしょうね。
わたしもいずれは入ってみたい世界ですけど、なにせ筆塗りが非常に苦手なので、方法を考えてます。
っで、それなりに無い頭絞って考えたのが、

・実際の水溜りを塗料で作って歩かせる
・できるだけ揮発寸前の希釈具合の塗料をブラシで遠巻き吹きしながら扇風機等で自然に塗布する(なんかドライブラシで鉛筆使ってこんな方法無かったでしたっけ?)

とかって考え方は無謀なんですか?

なんかのヒントになれば良いのですが、余計混乱させちゃいました?(汗

汚しは自分にとっては結構鬼門です。
せっかく納得のいく基本塗装が出来たのに、汚し失敗でお蔵入り~ってパターン何度あったことか。
でもこれもまた経験値を積んでスキルアップするしかないんですよね。
最近はタミヤの各種ウェザリング器材や水性のガンプラマーカーで済ませています。
ってこれじゃ上達しないよなぁ。

●ショートベルさん
汚し塗装はそれなりになれてきたと軽く考えてたんですが、おっしゃる通りグロスからってのが難しかったです(;_;)
汚せるポイントが足裏くらいしか思いつかないというのが正直なところで・・・。


●Ota-Kawaさん
今回の汚し方もそれに結構近いっす。
足裏は塗料をしみこませたスポンジでポンポンやったし、飛び散り具合はハブラシでビシビシ飛ばしてみました。
手法は色々あるんだと思いますが、それを勉強しながらやってますんで、楽しいやら大変やら(^^;)


●あきら式改さん
そうですね。ヘタすればそこでオシャカですから、緊張する場面ですよね。
っぱスキルアップしなきゃどうしようもないっすね!
自分もタミヤのウェザリング材はけっこうアテにしてたんですが、今回は表面を粗してないから全然乗らないですw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kani9721.blog95.fc2.com/tb.php/144-729d1996

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。