スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルオーガンダム、目標を駆逐する(2) 

可動がすごいと噂のこのキット。すごい可動のヒミツを私なりに狙い撃ってみましたw
ちなみに一番最後に作ったHGのキットが「シャア専用ザク」とかなので、もはや当たり前なことばかりなのかもですが(^_^;)

肩はポリキャップの形状がスゴイ。
角度としてはわずかですが、前にせり出せるようになってるんだね。
hg_00g 005

ヒジ可動の処理がスゴイ。
デザイン的には1軸間接なんだけど、ヒジの円盤自体の位置が動かせる2重関節になってるんすね。
hg_00g 007

ヒザは可動範囲がスゴイ。
デザインの勝利と言えなくも無いけど、写真右側のように1軸でもここまで曲がりますね。
左側のように2軸とも使うと余裕で180度曲がっちゃいますが、ヒザアーマーのこの動きは好きじゃないw
(ちなみに写真ではヒザ裏のパーツを付け忘れてますので、可動範囲はもう少し制限されるかも)
hg_00g 010

ひととおりの仮組みが終了しました。なんか異様に小さく感じるんだけど、こんなもんかな・・・。
hg_00g 011

今夜のうちにサフ吹きまでいけそうです(^0^)

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

こんばんわ!お邪魔します。

スゴイ!これが今のガンプラなんですね;-; 
1/144のザクの足首が膝下からの一体成型だったのが、嘘のように感じます。
(足首動かせたのは旧ザクだけでしたねorz)

ポリキャップも全然違ってる感じですし、時の流れを感じます。膝の稼動範囲だけでも
当時のガンプラっ子から見たら脅威!感激モノです!!
管理人さん、製作頑張ってくださいね!出来上がり楽しみにしてます。
(プラモ狂四郎やガンプラ改造講座を見て燃えてた当時の自分に、これ教えてやったら喜ぶだろうな~^-^)

嫁バズさん
取れないポーズが無いじゃないかって位グリングリン動くんですよね。デッサン人形に使えますよw
技術の蓄積というのかどうなのか、バンダイの出してくるキットは必ず自分の想像の範囲を超えてくるので、もはや驚かないですもんね(^^;)

あの頃のキットって動かない部分がたくさんあって当たり前って感じだったけど、ガンダムの腕がひねれないのはちょっと不満でした。
プラモ狂四郎でもザクの足首が曲がらなくて倒されたり、ガンダムの股間にリックドムのパーツを使って開脚できるようにしたり、なんてネタがありましたね~。

ちなみに私の初めての可動改造は、アニメスケールのガンガルブの真ん中の足の基部にランナーで軸を入れて動くようにした事です。工具がないから穴あけに焼いた針を使ったりして、仕上がりはぷらんぷらんな感じでしたが、一応完成したのですごくうれしかったのを覚えています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメさん
自分なんかよりも遥かに「濃い」幼少期を過ごしてらっしゃったのがよく判りましたw
ぜひプラモ作りを再開なさる事をオススメいたしますw

#コメントいただけるだけでうれしいですし、他の方に見られても問題ない内容であれば、特に非公開にしていただかなくても大丈夫ですよ~。
もちろん非公開でも全然かまわないですし、その辺はお任せ致します^^
今後ともよろしくですm(__)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kani9721.blog95.fc2.com/tb.php/109-c801e78c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。