スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物関連 

オーデルバックラーは1週間触らなかったのでひと休みで、買い物とかの話。

ガンダムUC見ましたが、なかなか面白いですね。
ブルーレイはないのでDVDですけど、すでに5回以上見てますね。
アニメの後追いで以前挫折した小説も読み始めました・・・まぁまだ1巻目ですがw

って感じなので、プラモも欲しくなり調べてるとMGユニコーンのアニメ版というのが出てるようで、思わず買っちまいました。
しかもケージ付の方にしました(爆
HDカラーとあったので、なにやらコーティング塗装されているものかと思い敬遠してたのですが、確認するとそうじゃなかったですね。はっきり言って紛らわしいです。

しかしすごいパーツ数でこれをきれいに作れる人ってすごいなぁと思いました(笑
サイコフレームの仕上げ方とか考えてると面白いのでそのうち作りたいです。
(箱もでかいので消化しないと・・・!)


F2をパチ組したので一緒に写しましたけど、塗りたくてうずうずしてきますね。
iroiro 002


早いもんで長期出張で引っ越してきて2ヶ月ほどたった訳ですが、困ったことに2~3km圏内には一通りそろえられるような模型屋がどうやらありません(-_-)
大型電気店とかでもかろうじてガンプラのキットが置いてあれば良いほうで、接着剤やプラカラーすら置いていないのには正直閉口しました。
けっきょく、車で30分ほど走ったところのtamtamで買い物したのですが、車も仕事場で借りなきゃだったりしてすごく面倒なので、これからは通販で済まそうかと思ってます。

大阪にいるときは近所のジョーシンやミドリ電化で大概のものが揃ったので、これが当たり前だと思ってたんだけど、今思えばすごく恵まれた環境だったですね。

で、今の仮住まいから歩いていける距離にある模型屋はほんとに小さな個人店で、どこかでの再販のものなのか当時のものかはわかりませんが、古いキットが多く残ってる感じでした。
塗料のコーナーでガンダムカラーを見つけたので量産ザク用を購入。
当時確か3本入りで250円だったでしょうか、ちいさな瓶が懐かしいです。
ほかにもヌーベルディザードとか旧の100グフとか昔のHJとか買って帰りました。
店のおばちゃんはもうやめたいみたいな事をおっしゃってましたが、町の模型屋さんにはがんばってもらいたいですね。
昔は店が情報交換の場だったんだけど、今の電気店の店員は作り方は教えてくれないですもんね。


あとは、不所持であった初期の艦船模型スペシャルを購入。
この辺りの艦スペって、古本屋にもあまり回ってこないみたいだしオークションでも4~5千円とかのプレ値で出てるのでなかなか入手できてなかったのです。
ですが、今回ブックオフでなんと1冊200円でした(^^)
艦船模型はキット自体の出来もアフターパーツの豊富さも、この本が出たころとはまったく比べ物にならないので、実施には製作の参考にはあまりならないかもですけどね。


スポンサーサイト

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

「秩序の盾」 ひざ関節 

またまた間が空きました。
評判がよいらしいHGUCザクF2は自分も購入しましたよ!
でも、さすがに今箱を開けてしまうとオーデルがおろそかになりそうなので、しばらく保留です(汗
ジオンカラーを購入したのですが、連邦カラーを見るとそちらも買ってしまいそうでしたがさすがに我慢しましたw

さて、本題のオーデルバックラーの続きです。
今回から脚部の製作に取り掛かってます。

オーデルバックラーってデザイン画だとなんとなくポンヨリとしてるというか、この時期の大河原さんの画稿にありがちなズングリな体型なのですよね。
そんなオーデルさんも劇中では非常に派手な動きでキリコを追い詰めてました。
回し蹴りはさすがにちょっとアレだと思いましたが(笑)、出来るだけこの劇中イメージに近づけたいというのが今回のひとつの目標だったりします。
ヒザ、足首が動くようになるとポーズを決めやすいと思いますので、脚の関節はがんばりたいところなのです。

という事でヒザは写真のような形状にしてみました。
24_order_buckler 062

サンドイッチ方式というのでしょうか、HGUCの旧ザクなんかのヒジで使われてたと思うのですが、可動軸を関節ブロックの内側に持ってきてます。
ももやふくらはぎに干渉が少ないので可動範囲を大きくとることが出来そうです。

ですが、欠点もありまして、ヒザを曲げたときのスカスカ感が気になります。
24_order_buckler 057

シリンダーを仕込むなども考えてたのですがそのような技量があるなんてわけもなく・・・。

テディベア風におすわり。
24_order_buckler 061

うしろに見切れてて恥ずかしいですが、スクラッチするにあたり一応図面も書いてみました。
もともと1/35で手書きしたものを拡大コピーして使ってます。
設定画のバランスで書いたのですが、もうちょっとスマートになるようです。


テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

「秩序の盾」 腰周り 

オーデルバックラーをスクラッチするぞ!の続きです。
いまいち作業時間が取れてないのであんまり進んでませんが、テンションは維持してます。

今回は腰とふんどしを作りました。
24_order_buckler 034
部屋、ちらかってますね(汗

真横から見るとこんな感じのバランスです。
24_order_buckler 048
ちょっと胴(腹部)が長かったかな~。
デザイン的にはここにベルト状のパーツが付き、更に革鞄が付きますので、そこまでやってみてまだ長いようなら切り詰めることにします。
(伸ばすより縮めるほうが簡単だしw)

足の付け根は設定には無いロールを追加することにします。
元設定ではふとももはワンパーツなので最終的に違和感が無ければいいのですが・・・。

股間位置はこないだ作ったザクキャノン(ザクver2)を参考に、前方にオフセットしてみました。
こうすることで足を前に上がりやすくなるんですね・・・なるほどと思いパクリました。
次回以降脚を作っていくことになるんですが、関節を考えながらになるのでペースは落ちると思います。

コクピットハッチはチリがあってない・・・って言い方でいいのかな?・・・とにかく隙間が開いているので、後日あわせ目を調整します。

前にも書きましたが、ハッチは開閉にしたいので、必然的にコクピットを作らなきゃいけません。
24_order_buckler 042
いや、ぼちぼち作ってるんですが、まだまだこれからという感じです。
ATのコクピットってほどよい「ゴチャ感」がほしい所ですが、こういったセンスがないので苦労しそうです。
手持ちの資料にコクピットの設定画はあるけど、これをそのまま再現するのも無理っぽいのでどうしたものかな。


テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。