スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/20ルナポーン その1 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2008年中に作製中のものはほぼ片が付き、今日から新作にかかります。
WAVEのリメイクAFSの バリエーションキットである「LUNA PAWN」に挑戦します。

日東のSF3Dシリーズの第一弾として発売されたAFSは、当時ものすごい衝撃でして自分も勢いで購入したものの、あまりの高い技量を要求するキットだった為、あっさり撃沈しています。今回はそのリベンジかもしれません。
とは言え組みやすさが当時物と今回の物では段違いなのですがw

まずは後回しにするとめんどくさくなりそうな顔の塗装からかかりました。
工程ごとに撮影しておいたので、見てやってください(こういうのやってみたかったw
ピンボケ&へたっぴなので参考にはならないですが。

ベースはサフにオレンジを混ぜたもの。まぁ何でもよかったのですがサフのグレーのままでは後々やりにくいと思ったので。
白目を塗った後、影というか凹みの部分にオレンジを塗っていきます。
ちなみに今回は全てラッカー系でやっています。
20afssa 003

オレンジじゃない所にはフレッシュを乗せていきます。
オレンジとフレッシュをパレットの上で混色しながら、色の変化をぼやかすように塗っています。
20afssa 004

ホワイトを混ぜて明るくしたフレッシュを、頬骨やおでこ、鼻、あご等、出っ張っている部分に乗せていきます。
20afssa 005

瞳とまゆ毛をグレーで書きます。
黒で書いてしまうと色が強すぎますので、自分はニュートラルグレーを使いました。
更にまゆ毛は自然な色味になるまで、上からフレッシュを乗せて調整します。
唇にブラウンを混ぜたフレッシュで赤みを加えます。
20afssa 007

ヘルメット?かぶり物をマホガニーで塗装しました(ちょっと濃い過ぎたかも)
瞳の中央に白でチョンと光を入れました。
20afssa 008

オッサンなので口の周りにヒゲ跡を付けてみました。これはフレッシュにサーフェサーを混ぜたものを使っています。
下まぶたと白目の境目にクリアオレンジを入れて境界をくっきりさせると目元が引き締まるようです。
20afssa 010

以上で頭部は完成です。
不慣れなため瞳の形が左右で違ってたりしますが、自分なりにはこれで充分です(^^)

スポンサーサイト

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。