スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物行った 

今ままであんまりアレ買った、コレ買ったと言うのは書いてこなかったのですが、なんか無尽蔵に在庫が増え続けるので、自戒のため今回から晒していこうと思います(#^_^#)
いつまで続くか判らんけど・・・。

iroiro 025
新年早々、金づかい荒っ!

一番高額なのは、個人的になぜか今年スイッチがオンしたSF3Dシリーズからジェリーです。
再販が予定されているスーパージェリーとの違いは実はあんまり判らないんですが、先日再販した陸戦ガンスの値段設定を見ると、まぁまぁ妥当な金額かなという価格設定だったので、ゲット。
こいつと、ナッツロッカーは正月連休中に買っておりました^^

残りは今日、中古ショップをハシゴして買い集めてきました。
PKAは一番最初に入った店で即買いしましたが、複数ショップで見た結果、そこが一番安かったのでよかったw

旧コンで作ってちょっと好きになったアッグが400円、トゥインクルヘッドは200円と安かったのでゲット。
ダグラムリミテッドモデルというのは1/72のメッキタイプのもの。
なんと、グランドサーチというホバージープのようなメカが1/48と1/72のセットで同梱されていました。
当時ダグラムとマクロス(アリイの方)はやたらメッキモデルがありましたね。

後は青騎士のムック(HJ別冊)を購入。
このムック自体は初見ですが、作例はHJ本誌からの再録で、この頃('87頃)HJを購読していた自分には懐かしい作例がいっぱいでした。
本書では1/35ベルゼルガを載せている、原田正彦さんの堅実な作風が大好きでした(T_T)

最後に、LSのアーモダイバー(要はガウォーク)
もとは100円キットですが、今回の購入金額も奇跡の100円w
普通に1,000円とか付いてるショップもあるので、これはいい買い物が出来ました^^

ちなみに、LSのこの100円モスピーダシリーズ、当時はかなりいい出来だと思っていたのですが・・・・
iroiro 027
コレはアカンやろ・・・・つうかカワイすぎるやろ・・・・www
SDとかではなくて、本意気でこのスタイルなので笑ってしまいました。


ところで明日から1週間出張に出ます。
さすがにこの間、模型から離れる事になると思いますが、
iroiro 028
ま~一応こうやってカバンには入れておきますw
接着剤とかは持っていけないけど、時間があればスジボリ位は出来るでしょう(笑

スポンサーサイト

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/20ルナポーン その2 

ポーズ固定でも良いと思っていたのですが、このキットは関節がポリパーツになっていて接着が出来ません。エポパテひねるのもちょっと気が引けたので、さっさと塗装に移りたい気持ちもありましたので、とりあえず後ハメできるように加工しました。
↓おおむねこんな感じで処理してます(雑な説明
20lunapawn 001

マシーネンと言えば、筆塗り・汚しまくりのいわゆるヨ式が主流だと思います。
そういった仕上げは見ていてすごくかっこイイしマネしたいのですが、敢えてちょっと時流に逆らって、ツヤピカで仕上げたいと思います。

ペーパーがけはいつもは600番までしかやらないのですが、今回は1000番まで当てました。
塗装はボディを真っ黒に・・・ミスターカラーGXのウィノーブラックを使いました(この黒すごい発色です)
20lunapawn 011

当初はまっくろで行こうと思っていたのですが、何か味気ないのでスターブライトシルバーで塗りてみました。
塗りわけラインがゆがんじゃいましたが、今回は練習用なのでヨシとします。
20lunapawn 014

デカルはセンスの問われるところですが、センス無しを自認していますので多くは語りませんw
時間が掛かる作業でまだボディしか終わっていません。
20lunapawn 020

今後はクリアでコーティングして研ぎ出しを行いたいと思っています。
ではまた。


テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/20ルナポーン その1 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2008年中に作製中のものはほぼ片が付き、今日から新作にかかります。
WAVEのリメイクAFSの バリエーションキットである「LUNA PAWN」に挑戦します。

日東のSF3Dシリーズの第一弾として発売されたAFSは、当時ものすごい衝撃でして自分も勢いで購入したものの、あまりの高い技量を要求するキットだった為、あっさり撃沈しています。今回はそのリベンジかもしれません。
とは言え組みやすさが当時物と今回の物では段違いなのですがw

まずは後回しにするとめんどくさくなりそうな顔の塗装からかかりました。
工程ごとに撮影しておいたので、見てやってください(こういうのやってみたかったw
ピンボケ&へたっぴなので参考にはならないですが。

ベースはサフにオレンジを混ぜたもの。まぁ何でもよかったのですがサフのグレーのままでは後々やりにくいと思ったので。
白目を塗った後、影というか凹みの部分にオレンジを塗っていきます。
ちなみに今回は全てラッカー系でやっています。
20afssa 003

オレンジじゃない所にはフレッシュを乗せていきます。
オレンジとフレッシュをパレットの上で混色しながら、色の変化をぼやかすように塗っています。
20afssa 004

ホワイトを混ぜて明るくしたフレッシュを、頬骨やおでこ、鼻、あご等、出っ張っている部分に乗せていきます。
20afssa 005

瞳とまゆ毛をグレーで書きます。
黒で書いてしまうと色が強すぎますので、自分はニュートラルグレーを使いました。
更にまゆ毛は自然な色味になるまで、上からフレッシュを乗せて調整します。
唇にブラウンを混ぜたフレッシュで赤みを加えます。
20afssa 007

ヘルメット?かぶり物をマホガニーで塗装しました(ちょっと濃い過ぎたかも)
瞳の中央に白でチョンと光を入れました。
20afssa 008

オッサンなので口の周りにヒゲ跡を付けてみました。これはフレッシュにサーフェサーを混ぜたものを使っています。
下まぶたと白目の境目にクリアオレンジを入れて境界をくっきりさせると目元が引き締まるようです。
20afssa 010

以上で頭部は完成です。
不慣れなため瞳の形が左右で違ってたりしますが、自分なりにはこれで充分です(^^)


テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。