スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影ブース 

完成した模型を写真に撮ったりするのって、やっぱりブログを始めてからなんですが、実はいつも結構大変だったりします。
背景用の紙や布を用意しておいても、たまにしか使わないから気が付けばしわくちゃになってたり。
それと照明の具合も難しくて、結局昼間の太陽光の元でしかまともな写りにならなかったり。
そんなに写真知識があるわけでもないし、模型屋やカメラ屋で売っているのを見ると12,000円とかで、万札払ってまで本気で撮りたいわけでもないし・・・。

などと思ってたのですが、ふと見つけた撮影ブースがなかなかよさそうだったので買ってみました。
ロアスのDCA-069という商品でアマゾンで¥3,421だったので、許容範囲です^^

試し撮りしてみました。
ハーク・ソバット
halk 003
なかなかいい塩梅です♪
ちょっと青かぶりした気もしますが、ちゃんと照明に気をつけてやれば、大丈夫そうです。
ちなみに夜なので外光はなく、室内の蛍光灯+正面からスタンドで光を当ててます。(正面からの光が拡散して青くなってると思われ)


山城
700yamashiro 222
ハークに続き、まったく同じ条件で撮影しました。


ちなみにサイズはこんな感じです。背景マットは裏表で青とグレーが選べます。
iroiro11.jpg
1/700なら余裕で収まります。
もうひとつ小さいサイズもあったのですが、船を撮ることもあるので大きいほうを選びました。
折りたためば薄くなるのでジャマにならないし、使用するときも開くのに1分もかかりません。準備時間が短縮できる事も大きなメリットです

なんか褒めまくりで宣伝くさくなりましたが、久々にいい買い物でした。
ただ、肝心の撮影モデル(完成品)が全然増えないんですけど(←ココ笑う所


スポンサーサイト

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。