スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッガータイプ その6 

今回はウォッシングを行いました。
まずはエナメルの黒、赤、白を混色して作った茶色を全身に塗りたくります。
100dugger 026

乾燥後、やはりエナメルでオレンジを間接やパーツの継ぎ目などサビが浮いてそうな所にまばらに置いていきます。(ピンボケ写真しか残ってませんでした。すんません)
100dugger 027

これを溶剤を染み込ませたティッシュや綿棒でふき取っていきます。
100dugger 030

なかなかいい感じに汚れてきました^^
やり出すと楽しくて何度も塗っては拭いてを繰り返してしまいます。前回まではちょっとおとなしめに見えたグレー部分もサビ色が乗って雰囲気がでてきました。ちょっと汚れすぎかもですが。

ちなみに溶剤は画材屋で買えるペトロールを使っています。エナメル系溶剤はプラに浸透してプラスチックを脆くするので、じゃぶじゃぶやりすぎるとポロって感じでパーツ破損します。特に可動モデルの軸部などでは要注意なのです。
その点ペトロールはだいぶマシみたい。とは言え全く浸透しない訳ではないようなので、油断は禁物ですね。
スポンサーサイト

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ダッガータイプ その5 

前回のとあまり変わらんですが、全体にドライブラシを入れています。こうやって見ると案外上半身がでかいですね。
また、グレー部分の各所に白ラインを入れてみました。元は色違いの2体のスクラップをくっつけて組み上げたという俺設定なので両者の雰囲気を変えるためにやってみました。これも筆塗り、マスキング無しのフリーハンドでやっています。
上半身と下半身で別々のナンバーを付けてみるのも面白いかな、なんて考えながらやってます。
100dugger 024

ダッガータイプ その4 

人生初の1日2回更新ですw
ダッガー君もだいぶ進みました。基本塗装は終わりでいいかな、という感じです。上半身のグレー部分はツヤありでテッカテカになっているので、なんかイメージとちょっと違う気がしますが・・・。
あとはエッジにドライブラシ当てて、ウェザリングとやるわけですが、これでどう仕上げられるか楽しみですよ。あ、あと細かいパーツ仕上げもありましたね。

100dugger 019

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

1/24でストロングバックスを作ってみる(14) 

ストロングバックスもがんばって進めます。
かなり完成間近なはずですが、実は塗装で悩んでいます。

テレビ設定のネイビー&ライトグレーや赤&白の塗装もいいんですが、面白みがないような気がしています。バトリング用機体ですから少々ハデでもいいのかなとも思うので、赤&黒か、コバルトブルー&黒あたりでいこうかな~。塗装が決まらないと挟み込みパーツの作業が進められないんですよね^^;

以前予告していたヒザパーツの複製をはじめました。
ブロック塀の中に粘土を詰め、パーツを並べていきます。ヒザアーマーの他に、Zバーニア(1/24スコタコのカメラ用)、1/700の飛行機も入れておきました^^一番右の緑色は湯口です。
24atm09stc 076

コイツにシリコンを流し、固まったら裏返して粘土を取り除きます。チビ飛行機はパーツの裏表にシリコンが回ってしまいました。薄いパーツは難易度が高かったようです。うーん、難しい。
24atm09stc 078

続きはまた今度!

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ダッガータイプ その3 

ひそかに2/14までの完成を目指していたのですが、向こう1週間恐らく作業できる日が取れそうにないので、あきらめました。更新もしばらく出来ないと思いますので、とりあえず現状の方向性だけでも載せておこうと思います。
100dugger 018

脚部パーツです。腿付け根とヒザの丸い部分は後から塗りだしたのでまだ十分色が載っていません。
レシピとしましては、下地に黒、マホガニー、艦底色などを適当に混ぜた暗めの茶系色で塗りつぶし、その上からダークイエローを乗せています。凹モールドにはスミ入れしたかのように暗い色が残っていて自分なりにいい感じにできました。これで現状、下地第二段階という感じです。
この後はダークイエローの彩度を落としてくすんだ感じにしたものを重ねていこうと思っています。
ちなみにずーとリビングで作業しています^^;

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。