スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプリコその2 

脚部間接を作っています。
ヒザはそのままでも可動範囲は広いんですが、後ハメも兼ねて二重間接化してみました。
144wm_cap 005.jpg

144wm_cap 006.jpg


脚の付け根は写真取り損ねてましたが、こんな感じ。商品名を忘れてしまいましたが、ポリの二重間接パーツで接続しています。
144wm_cap 011.jpg


1/144のボックスアートのような立てひざが出来るようになりました。
144wm_cap 009.jpg

スポンサーサイト

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

はじめてのゼロ戦その2 

なにもかもはじめてのゼロ戦ですが、主翼の付け根と同じくポイントになりそうな、キャノピーのマスキングです。ゾルのカットはうまくいかず、テープ切り貼りで・・・
72zero21h 005.jpg


で、その結果・・・よれよれ↓
72zero21h 006.jpg


キャノピーは面相筆でリタッチしてなんだかんだで完成しました。
72zero21h 010.jpg


「飴色がかりたる」を表現したくて茶系のウォッシングを強めにやってみたんだけど、写真じゃあんまり見えないっすね。

深く考えず、だだだーっと完成させましたがあちこち色々ミスをしています。書き出してみるとざっとこんな↓感じ・・・orz

・買ってきたコクピット色が三菱じゃなくて中島系。
・マスクキングでコクピットにティッシュを詰め込んでいたら押し過ぎる。バキッという音がしてコクピット全体がグラグラに。
・ティッシュがうまくいかなかったので、ねりけしでマスキング。うまくいったと思ったらコンソールのデカールが全部持っていかれる。
・風防にマスキングゾルを塗った所、油分でゾルはじかれまくり。
・デカールの上にコーヒーをこぼす。
・凸モールドの上にデカールが乗ってしまう。処理に窮してモールドごと削り落とす(デカールを切り欠くのが正解か)

これでもかって位ポカミスばかりだけど、ミスってみて気づく事も多かった。
至高ゼロの前でよかった。

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

カプリコその1 

零戦の溶きパテ乾燥待ちの間にいじりだしてしまいました。
先日仕入れたWMの中からカプリコを作ります。
同時進行になりますが、零戦は完全素組みなのであっという間に終わるはずです。

このカプリコもあまり拘らず、さくっと終わらせたい・・・。
まずは足首のボールジョイント化&つま先の別可動化を行います。
つま先の付け根はキットだとパイプのような表現になっていますが、ここは設定画にあわせます。
キットのアレンジも面白いんだけど、パイプを作り直して更に間接仕込むってのも手間ですんで、設定画にあわせた方が楽ですな。

144wm_cap 001.jpg


このシリーズはかなりアレンジされているのは知っていましたが、筋彫りとかスコップやタラップモールド程度かなと思ってました。
ここまで大きな変更をしてるってのも野心的なキットだったんですね。
ちなみにヒジ内側のシリンダー、腹のエアクリーナーは設定にはないキットオリジナルのようです。
設定画を偏重してるわけじゃないしキットアレンジの否定もしませんので、基本的にラクに済ませられる処理方法を都度考えていきます。


テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

はじめてのゼロ戦その1 

前回まで作っていたノーブ・キャノンですが、遂に完成し懐コン主催者様に提出しました。会場での発表後こちらにも載せるかもしませんが一応前回の記事で最終回となります。

さて、モデルグラフィックス誌付録の「至高のゼロ」ですが、まもなく「発動編」が発売されますね。商売の是非はともかくエアモデル未経験の私でもすごさがわかる、繊細なパーツ群でこれは作らなきゃ、と思わせるものでした。

ちょうど同じスケール、同じ機種の長谷川製品を持っていたので、これでまずは練習してみようと思います。男の子なら初めての飛行機はゼロ戦って相場は決まってるんです。
「至高~」はコイツがうまくいって自信がついたら挑戦します(なんせ、2度ト手ニハイラナイ、らしいですから)

んで、2~3時間ほどで写真の状態まではサクサク進んだのですが、主翼の付け根のあわせ目処理が激難しいです。

72zero21h 001.jpg


溶きパテを詰め込んでうすめ液ではみ出しをふき取るというのがセオリーらしくその手順でやってます(船つくる時にも使うテクですね)
けど微妙な段差が残ります。どこまでやればどう見えるっていうのはやはり経験を重ねないとわからないですね。
気になったのは、(作業ミスというよりキット設計の問題と思うのですが)大きな段差が出来てしまったら段差を削ってモールド彫りなおすのでしょうか・・・?私だったらそこで間違いなく御釈迦にしてしまうと思います。この作業ってどんなキットでも必ず発生するでしょうし、飛行機をメインでやってらっしゃる方はどうやってるのかがすごく気になります。

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ノーブ・キャノンその10 

青島ドルバック再販の詳細が見えてきました。キャリバー、ガゼット、タルカスの3機セットが10月発売で3675円(高っ・・・て言っちゃダメ^^;)

うちのノーブは手首完成とします。パーツごとのバラツキが結構あり、都度作り直すべくなんでしょうけど、ちょっと妥協ですね。
nove 090.jpg


ここに来てペース激落ちですが、本体のほうはぼちぼち塗装にかかっています。作業時間がどれだけ取れるかしだいですが、1週間ほどで完成させられるかな。このノーブで懐コンにエントリーさせて頂きましたので、完成した姿は11月1日頃にそちらでの公開になります。

懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ
http://natsucom.blog21.fc2.com/

テーマ模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。